2015年2月28日土曜日

アルコールストーブ

ここのところ日中の気温が高くなってきたような気がしますが


みなさんいかがお過ごしでしょうか


さて、今回はバイク成分がないです(笑


唐突ですが、昨年末あたりからアルコールストーブなるものに興味を持ちました


アルコールストーブ自体については各自ググってください(テキトー


アルコールバーナーと言ったりもするそうですが


ここではストーブに統一します
(厳密には違うものかもしれませんが)

ものとしてはトランギア製がよく知られていますかね


そのアルコールストーブを自作しました


使用したのはこちらの250mlのアルミ缶です


350ml缶でも作ったのですが後述する五徳との相性が悪かったので


キャンプ等への実践投入は見送り



実際に製作したものがコチラ


作り方はちょっとググればたくさんヒットするので省きますm(_ _)m


とは言っても人によって構造が違うので特徴だけ…


ピンホールは8×φ0.8mm程度


中央には内部温度をより高めるための十字穴付きなべ小ねじM3
(ローゼットワッシャ+ナット付き)

また、内部にスチールたわしを千切って封入しています



以前作った350mlとの比較


これならコンパクトに収納できますね


これと併せて五徳も用意しました


輪切りのぱいなぽーが入ってた缶を加工



アルコールストーブをイン!


ちなみに…



350ml缶verを五徳に入れるとこんな感じ


五徳の内壁との隙間が狭くなり過ぎて空気穴をふさいじゃってますね


空気穴がふさがるとプレヒートに時間かかるので


この組み合わせはボツとしました


250ml缶verでは問題なかったです


ダイソーで仕入れた、2枚で100円の角網を乗せて…



 これまたダイソーで仕入れた、キッチンで使う油はね防止のアルミカーテンを


金鋏でテキトーな高さでカットして風除けに




ヤカン代わりに使用しているキャップ付きにボトル缶を乗せれば


立派なコンロの完成!


アルコール量と燃焼時間、水400mlが沸騰するまでの時間は未測定なので


分かりませんが、室内テストでは20ml弱で沸騰させることが可能


あ、加熱する際にボトルのキャップは外しておいてくださいね~!


ご飯炊いたり調理には不向きかと思いますが


メインのガスストーブで調理している傍らで


お湯を沸かしておいてくれるだけでもありがたい


そのうちフィールドテストもやりたいところ…

ではではノシ