2017年6月3日土曜日

青森ツーリング②

29日

翌日は滝&グルメ巡り!

まずは朝から滝を見に国道339号を約80km北上

・七つ滝(青森県北津軽郡)

国道339号沿いで、海の反対側に気を使っていれば見つかります

明らかに人口の石垣が見えますね

そのあたりまで登ることができます

その石垣からちょっと滝に寄ったところから一枚

朝日が逆光となって撮影に影響していますが仕方ないですね~

その後は国道280号線に接続して東に42km行くともうひとつ滝が見つかります

・だるま滝(青森県東津軽郡)

水量、落差ともに七つ滝ほどではないです

しかもこの写真から少しでも引くと電線やら電柱やらの人工物が映りこんでしまうという・・・

こちらも道路に面しているのでアクセスは楽です

近くに行った際にちょろっと寄り道するくらいがちょうどいいかと思います

さてここからちょっと離れた滝まで行きますが・・・

・不動滝(青森県東津軽郡平内町)

残念ながら5/25まで冬季通行止めによりアクセス不能・・・

今回の滝の中で一番期待していたのにタイミングが悪かったー!

また別のタイミングでリベンジするしかないなー

どうしようもないので移動して・・・

八戸にある人気の「みなと食堂」でちょっと遅めの昼食!

注文したのは名物の「平目漬け丼&せんべい汁セット」!


平目がびっしり敷き詰められています

「底のほうにタレがたまってますから混ぜながら食べてください」

とのことでした

これがまた絶品で、噛めば噛むほどに平目の味が染み出すような

食べていて飽きない、贅沢な丼です

けっこう有名なお店らしく、県外から食べに来るお客がたくさんいるんだと

ちなみに隣で食べてたカップルは北海道から来たそうな

「神奈川から来た」って言ったら驚いてた(笑

店舗自体は小さいのでマスツーリングなどでお邪魔するのは控えたほうがいいかもしれませんね
(車は2~3台停められる駐車場がないわけでもない)

食べ終わって店を出ると15時前だったので新たに観光することはせず

銭湯で身体をほぐしてそのまま八戸市内で一泊

で、夕飯どうしようかと調べていたら美味しそうな丼物を見つけたので行ってみました


ユニークな店名「サバの駅」です

サバ料理専門のめずらしいお店で、銀サバをいろんな調理法で提供してくれます

今回注文したのは「第7回全国ご当地どんぶり選手権」でグランプリ受賞の「銀サバ丼」!

サバの漬け丼だからなんとな~く味の想像つくな~と思っていたらまるで違った!

なんだこれは!?と思うほど脂が乗っていて、それでいてしつこくないし

舌に触れて脂が溶け出すようなトロトロ感がたまりません

途中で「銀サバ生春巻」を追加してみました

銀サバのフレークが巻かれていて、写真奥のソースをつけていただきます

こちらもフレークから脂がジワッと染み出して、ソースの味に負けてないです

八戸で二食続けて海鮮丼だったけど行って良かった~


その後はしっかり休んで30日に帰路に着きます

30日

特別記載することはない!(笑

無事に帰宅!

走行距離:1793km

総走行距離:59827km


もう60000kmになろうかというところで今回はここまで!

ではではノシ


青森ツーリング①

ちょっと前のお話

4/28~30で青森県までツーリングに行ってきました!

正確には27日の夜に出発して、28日の昼すぎに到着

目的は弘前公園で開催された桜祭り!

28日

到着してまずは腹ごしらえ~

弘前市のお隣、黒石市にある「すずのや」で

黒石市の名物(?)「つゆ焼きそば(大盛)」をいただきました

平たい麺をすすると麺つゆのような風味で普通の蕎麦なんかと大差ないのだが

おもしろいのはその後で、噛んでいくと麺からジワッとソースの味が・・!

もともとは冷めたソース焼きそばをまた温かくして食べたい

との思いで温かい麺つゆに入れて食べたのが始まりらしい

不思議なメニューですが黒石や弘前に行った際に寄ってみてはどうでしょうか?


腹ごしらえが終わったら弘前公園でさくらまつり!

ピークをすこ~し過ぎたあたりですかね

ところどころ葉がついて、足元には花びらが落ちています

これだけの数の桜が並んでいるのはなかなか壮観です

「お堀の周り 全部桜に囲まれてるんじゃないの!?」ってくらい桜桜桜

水面に落ちた花びらが絨毯のようにびっしり(通称:花筏)

その筏を割って突き進む鴨かな?がこの日一番のアイドル

夜には園内のすべての桜がライトアップされていて昼間とはまた違った

雰囲気に包まれています


水面に映る桜がキレイね~
(カメラの機能を使って遊んでいるため、色味が実物と異なっていますのであしからず)

そしてこれが今回、弘前まで行きたかった理由

「Twitterで流れてきた写真を見て、自分も生で見たくなった」

割と動機は単純です(笑

でもその結果、生でこの景色を見たとき心の底から感動しました

鳥肌がたって目頭が熱くなるくらいには、ね


14時くらいに公園入りして閉園の22時までずっと写真を撮り続けて

たっぷり桜を満喫しました

おかげで750km走行してきた疲れもぶっ飛んd・・

閉園間際はへとへとでした、はい

時間も時間なのでこの日は弘前市内で一泊!



翌日以降は次パートへ続く

2016年9月24日土曜日

山梨滝巡りツーリング②

はい、続きです

最終日19日

いつ降ってもおかしくないような厚い雲の下、キャンプ場から撤収

・大塩の滝(山梨県南巨摩郡)

キャンプ場からすぐ近くの滝で、民家の脇を抜けて遊歩道にアクセスしていきます

ちなみに利用したキャンプ場は「南アルプス巴野鳥公園」です

キャンプサイトは全面芝生で一泊1000円

それほど広くはないが場所が場所だけに利用客が少ないので静かにキャンプしたいならいい感じ

ほかにもバンガローもあるため家族連れでも安心


・・・で、大塩の滝で撮影しようとしたところ、どうもデジイチの具合がよろしくない

ファンクションキーの操作が正しくできない時があるのだ

あぁ、もうこれ昨日の雨と湿気でやられたわぁ

なんて嘆きながら撮影は続行←


・羽衣白糸の滝(山梨県南巨摩郡)

明浄院周辺にある駐車場から徒歩で2~3分のところにある滝です

場合によってはここの滝で滝行をしている人がいるかもしれませんね~

岩肌がゴツゴツして段段になっているのが一つの特徴でしょうか

この滝から上流に向かって200mほど行くと「勇姿の滝」を見ることができます


・勇姿の滝(山梨県南巨摩郡)

はい、200m上流まで歩きました

羽衣白糸の滝と似てるようですが、岩肌がそれほど突出していないので

まっすぐ落下するのがこの勇姿の滝

皆さんはどっちが好みですかね~?


さて、最後は

 ・福士川渓谷(山梨県南巨摩郡)
(風吹の滝)

の予定だったのですが、これまた遊歩道崩落のため通行止めでした・・・

なので代わりに・・

「風吹の滝」のさらに上流にいったところで道路から見える位置にある名称不明の滝

岩がゴロゴロしていていい雰囲気だったので路肩にバイクを止めて撮影

こういう名称不明の滝も素敵だったりするから楽しいねぇ

はい、「風吹の滝」の下流側にあるこれまた名称不明の滝

けっこう落差あるし、目立つんだけど名前ないのかなー

ちなみにこれ撮った直後から土砂降りに見舞われました・・・

本当はこのあとも数本の滝を見てから帰る予定だったのにカメラの調子もあるし諦めて帰路へ

まぁ、ここまででまっすぐ無事に帰れたならいいんだけどさ・・




帰りにナビとして使っていたiPhone5が雨で完全に故障しましたとさ・・

で、コンビニで地図見せてもらったりしながら5時間かけて下道で帰りました


後日カメラとiPhoneを乾かした状態で電源を入れるも、カメラは誤動作連発で故障

iPhoneは電源すら入らない始末


結局、出発前に「壊れそうだし変え時だな~」とか「防滴防塵はいいな~」

ってことで予約購入しておいたiPhone7に切り替えて問題は解決しました

(16日の晩には手元にあったが切替作業してると出発が遅くなるので保留にしてた)

サイズがちょっと大きくなったので手に余るところがあるが画面が大きくなったのでナビで使いやすそうだ

あとはカメラをどうするかだなー

あんだけ雨に打たれたり、滝からの飛沫を浴びれば壊れるわなー

前から気になってたオリンパスの防滴ミラーレスが私の使用用途には合ってると思うし

ちょっと前向きに調べてみようかなー・・



ではではノシ

山梨滝巡りツーリング①

またも雨が心配の中、滝巡りツーリングにいってきました

今度は山梨県に9/17~19という日程

例によって16日の晩に出て、17日の朝から滝巡り


17日

 ・板敷渓谷(
(白髪滝・親子滝・板敷大滝)

写真は上から「白髪滝」「板敷大滝」


・ 仙娥滝(

こちらは昇仙峡にある有名な滝ですね


・西沢渓谷(
 (大久保の滝・三重の滝・竜神の滝・貞泉の滝・七ツ釜五段の滝)

上から「三重の滝」「竜神の滝」「七ツ釜五段の滝」

渓谷は一周約10kmあるので、巡る時は4時間前後かかることを見越した計画を立てましょう

ほかにも名称不明の滝があったり、ひらけた場所では景色が良かったり(写真では曇ってるけど)

ここまでで17日は終了し、宿へ


18日

17日の夕方時点では朝から雨予報だったが、雲は薄く雨も降っていなかった!

意気揚々と出発


・御殿滝(

落差はそれほどでもなさそうだけど、流量がそこそこ多いので見ていて清々しい


・濁沢の滝(
(沢の入口が分からず到達できず)

いつかリベンジします、ハイ・・・


・不動滝






(山梨県南巨摩郡)
(天渕の滝・五段の滝・龍馬淵・観音滝ほか)

上から「天渕の滝」「五段の滝」「龍馬淵」「龍馬淵下流の名称不明の滝」

大柳川渓谷公園の駐車場についた時点でけっこう降ってきたので

レインスーツを着てのハイキングとなりました

バイクに乗る時のレインスーツのため、歩き出すと蒸れて暑いのなんの

途中の分岐で、涼みの滝方面は遊歩道崩落のため通行止めで到達できず


このあと「銚子口二段の滝」に行きたかったのだが道路が崩落で通行止めになっていたため

アクセスできず

今回は崩落や落石でアクセスできないことが多かったのがちょっと残念

事前に調べるって言っても限界あるしこればっかりは仕方ないと諦め、次だ次


・天滝(








落差があって見上げるような格好になる滝

雨畑湖の脇を通り雨畑川発電所を過ぎたらすぐに見えてきます

この後、 県道37号線を北上し、雨の中キャンプします



長くなったので続きは次パートへ




2016年9月4日日曜日

滝巡りツーリング②

パート②です

28日

朝から曇り空で一抹の不安を抱きつつ三日目スタート


・常清滝(広島県三次市)

駐車場から歩いて10分ほど


ここの駐車場はトイレ・自販機が設置されているため気軽に来れるほうかも


・八重滝(島根県雲南市)
(猿飛滝・滝尻滝・紅葉滝・河鹿滝・姥滝・姫滝・八塩滝・八汐滝)

写真は紅葉滝
日本の滝百選に選定されている滝を気軽に見に行けるので割とオススメ

(行く時はライダースブーツやサンダルやハイヒールといった歩きにくい靴はやめましょう)


・龍頭ヶ滝(雄滝・雌滝)(島根県雲南市)

写真は雄滝

ここは滝の裏を見ることができます(通称:裏見の滝)
 

・雲見の滝(雄滝・雌滝)(島根県雲南市)

写真は雌滝

狭く、アップダウンのある遊歩道を5分進むと姿を表しますが、このアングルで撮るには

梯子を降りる必要があるため、要注意

(降りた先の岩場も苔で滑りやすい)

自身がなければ大人しく先へ進んで雄滝まで行っちゃいましょう


・龍神滝(鳥取県日野郡)

滝山(たきさん)神社の脇にある小流量の滝

別名:幽霊滝


ここで撮影している最中に雨に降られましたorz

とりあえずここまでで工程は全て終了したので29日帰るために少しだけ東へ


鳥取県日野郡 → 愛知県名古屋市 (約400km)


最初は兵庫県姫路市あたりにしようと思ったんだけどね~

台風の影響で朝から降られる可能性大だったから、もうちょい頑張っちゃった

で、名古屋市内の漫画喫茶で一晩休みましたとさ♪

キャンプと違って快適でいいわ~


29日

 天気予報では曇りになっていたが、なぜか晴れている名古屋市から最終日スタート

・瀬戸大滝(愛知県瀬戸市)

瀬戸市にある岩屋堂公園の駐車場から歩いて10分程度かな

駐車場は無料だし、トイレあるし売店あるし家族連れで川遊びにちょうど良い
 (実際、何世帯もの家族連れが川遊びしていたし)



・暁明ヶ滝(愛知県瀬戸市)

 
瀬戸大滝と同じく岩屋堂公園にある滝

こちらは人工滝ではあるがそれほど人工って感じがしなかった

そのあと、ブランチとして喫茶マウンテンに行こうと思ったけど、月曜定休日と判明したので諦めorz

結局、ちょっと早めの昼ということで、、、

瀬戸市内にある「一色」さんでひつまぶしをいただきました

皮は香ばしく、身は柔らかで、とてもおいしかった

食べたらあとは帰るだけ~

ってことで総走行距離:2000km強で無事に滝巡りツーリング終了!!



※今回紹介していないけど沢歩き中に見つけた無名の滝もたくさんありましたよ~


滝巡りツーリング①

台風が心配だったけど、8/26~29に中国地方まで滝巡りツーリングに行ってきました!

 (25日の晩移動開始)

広島を中心に山口・島根のほうも巡り、30本以上の滝を撮影!



※写真は全て載せられないのでちょっとだけ(しかも加工してます)

今回は長くなりそうなので2パートに分けます

パート①は26~27日、②は28~29日とします

26日

昼過ぎにようやっと広島県内に到達したので予定より押してるけど、こっから滝巡りスタート

・瀑雪の滝(広島県三原市)


THE・滝って感じのきれいに落ちる滝ですね


 ・女王滝(広島県三原市)

 この滝、大河ドラマ「毛利元就」のオープニングに使われたらしい


27日

曇り空だけど明るかったから午前中はもちそうってことで二日目スタート!

・妹背の滝(雄滝・雌滝)(広島県廿日市市)

写真は雄滝のほう

 ・湯舟の滝(広島県廿日市市)

 水量少なすぎてちょっとしょぼい(笑


・寂地峡五竜の滝(山口県岩国市)
(竜尾の滝・登竜の滝・白竜の滝・竜門滝・竜頭の滝)

写真は登竜の滝


・竜神の滝(山口県岩国市)

 犬戻峡を犬戻滝に向かって進む途中に見える滝


・犬戻滝(山口県岩国市)

 これフレーム外すぐ左に外国人女性が寝ていて構図の選択に余地がなかったのがちょい残念


・瀬戸の滝(広島県廿日市市)

落差20mを超える二段滝で、別名:咬龍(こうりゅう)の滝


 ・三段滝(広島県安芸太田町)

ほかにも二段滝があるがそちらは渡舟で川を渡らないと到達不能だったので諦めました
(この日は時間の都合で工程を優先)


・三ツ滝(広島県北広島町)

最初はどこからアクセスすれば良いか分からず20分くらい周辺で迷子になってました(笑


この日だけですでに10本以上!

三ツ滝から2時間以上かけて広島県三次市にあるキャンプ場へ移動してこの日は終了


パート②へ続く